若者×高齢者の異世代ホームシェア 事業概要

ソリデール写真

高齢者だけが暮らしているお宅の一室を借り、高齢者と学生が同居する「異世代ホームシェア」。

昔ながらの「下宿」を復活させようという取り組みです。

若者への低廉で質の高い住まいの提供、高齢者の安心で生きがいのある暮らしの実現をねらいとしています。

同居までの流れ

(1) 参加したい!という方が、NPO法人テダス(マッチング業者)へ連絡します。

(2) テダスから、希望や条件などをお聞きします。

(3) 希望を照らし合わせながら、上手くいきそうな方をお繋ぎします。

(4) 若者・高齢者・テダスの3者で、顔を合わせて面談します。

(5)上手くいけば、同居が開始します。

「異世代ホームシェア」とは?

「異世代ホームシェア」とは、「京都ソリデール事業」という名称で、2015年から京都府下で少しずつ広がりを見せている取り組みです。

南丹地域では、NPO法人テダスが京都府住宅課と協力しながら取り組んでいます。

【PDF】異世代ホームシェア資料ダウンロード

【主催】京都府住宅課
【運営】NPO法人テダス

【お問合せ・お申し込み先】
NPO法人テダス(担当:田中利彦)
住所:南丹市園部町美園町7号9-1(南丹市まちづくりデザインセンター内)
電話:0771-68-3555
FAX:0771-68-3565
メール:tedasu0827★design.zaq.jp
(★部分を@に変えて下さい。)