事務おせっかい情報

毎年度事務のやり方|業務フロー及び必要書類

NPO法人には、毎年定期的に行わなければならない事務と、定款や役員等が変更したときにだけ行う事務とがあります。
NPO法人の事業報告や決算、登記は一般市民でも容易に見ることができるものです。事務をおろそかにしていると、ずさんな書類や滞りがあることが市民にさらされ、法人の信頼を失うことにもなります。またこれら事務を怠り放置していると、認証の取り消しや過料といった罰則が与えられる場合もあります。
NPO法人が行わなければならない重要事務の業務フローと必要書類を表で細かくまとめていますので、毎年度事務の管理に使ってください。

NPO法人の事業報告等に関する重要ToDoリスト(PDF)


≪目次≫
■定期的にすべきこと
 〇通常総会の準備1-監査の実施
 〇通常総会の準備2-総会案内送付
 〇通常総会の開催
 〇理事会の開催
 〇所轄庁へ事業報告
 〇貸借対照表の公告
 〇オンラインで情報(活動報告及び決算)の公開
 〇法務局への登記
■定款変更時にすべきこと
 〇所轄庁への定款変更の届出・認証申請
 〇法務局への定款変更登記
 〇所轄庁への定款変更登記完了報告

リンク:NPO法人制度・手続等(京都府)
事業報告の手引きや提出書類の様式などが掲載されています。また、京都府内で認証が取り消されたNPO法人や過料通知をされたNPO法人の情報がここで公開されています。


総会の開き方

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受けて、総会が開催しづらい状況になっている自治会やNPO法人などもあると思います。
書面表決によって“できるだけ人を集めない総会”を開くこともできますので、その方法をご紹介します。
書面による議決権の行使を推奨した総会資料「総会案内文」「出欠通知書及び書面議決権行使書・委任状」の例文をダウンロードできるようにしました。NPO法人以外の自治会や任意団体でもお使いいただけます赤字部分を書き換えてお使いください。

ダウンロード:総会案内文(Word)

ダウンロード:出欠届及び書面議決行使書・委任状(Word)



◎NPO法人の方へ

NPO法人は、毎年1回必ず社員総会を開催することが義務づけられており、社員総会の開催を省略することはできません。
「NPO法人総会開催方法の早見表」を作りましたので、参考にしてください。

NPO法人:通常総会開催方法の早見表

リンク:新型コロナウイルス感染拡大に係るNPO法Q&A(内閣府)
社員総会の決議の省略に関してや、事業報告書の提出が遅れそうな時にとるべき手順について解説されています。

リンク:新型コロナウイルス感染症の影響に伴うNPO法人の社員総会開催等について(京都府)
社員総会の決議の省略に関して解説されています。また、新型コロナを理由に報告書の提出が遅延することを認めない旨が書かれています。

てだすくちだすメール便

てだすくちだすメール便

活動に役立つちょっぴりおせっかいな無料メールサービスです。登録すれば、事業報告や保険、税、助成金など、それらの情報が必要なちょうどよいタイミングで届きます。法人事務の目覚まし時計(アラーム)としてお使いください。

≪例えばこんな情報が届きますよ≫
♠毎年度事務情報(総会や事業報告など)
♠税務事務情報(年末調整や税務申告など)
♠保険事務情報(保険料申告や算定基礎届など)
♠助成金情報
(団体の事情に合わせた必要情報をピンポイントで配信します。配信は月に1回程度です)

「テダスくちだすメール便」の登録はコチラ



かんたん会計ツールNPO法人版

NPO法人の会計に対応した会計ツールの販売(税込2,200円)を行っています。
エクセルで日々の出納帳を入力するだけで、毎年度の報告事務に必要な決算書類(活動計算書、財産目録、貸借対照表)が自動でできあがります。

詳しくはこちらをご覧ください。