"ワクワク"を育てよう.

集落の教科書

・教科書プロデュース
・集落のルールの調査分析
・集落のルールの見直し

調査・分析

・NPO法人調査
・中間支援団体調査
・都会と田舎の意識ギャップ調査

まちづくり基金

・寄付の受付
・ガチャガチャリティなんたん
・チラ-1グランプリ
 

NPOゲーム

・NPOゲーム開発と普及
・NPOゲームを使ったイベントでの解説やファシリテーション

♣南丹市まちづくりデザインセンター運営♣

南丹市まちづくりデザインセンター運営

 南丹市を中心に活動をされているNPOやボランティア団体などを総合的に支援するとともに、地域課題の解決や地域活性化を図るための拠点施設です。

 各種相談事業、情報収集・発信事業、各種団体や企業・行政との連携・協働、各種活動の企画・運営、印刷機の利用や各種備品の貸出など、さまざまなサービスを通して、地域の市民生活の向上に貢献していきます。



<リンク>南丹市まちづくりデザインセンターホームページ


<リンク>なんたんTV「協働スイッチON!」WEB放送


<リンク>京都新聞「市民の言葉で協働紹介 京都・南丹市ケーブルテレビ」


<MDC通信バックナンバー>
・MDC通信001・MDC通信002・MDC通信003・MDC通信004・MDC通信005

♣京都プロボノプログラム事務局♣

京都プロボノプログラム事務局

 プロボノとは、ラテン語のpro bono publicoを語源とする言葉で、英訳するとfor public good。「公共善のために」を意味します。 「専門的なスキルや経験等をボランティアとして提供し、社会課題の解決に成果をもたらそう!!」という取り組みで、近年、日本でも急速に広まりつつある新しいボランティアの形です。

 京都式プロボノでは、各地にいるプロボノコーディネーターが依頼団体とスキルワーカーをマッチングをします。



<リンク>京都プロボノプログラムホームページ

♣集落の教科書♣

集落の教科書

良いことも、そうでないことも、ちゃんと伝えたい。移住者のための「地域の教科書」づくりを推進しています。


<PDFダウンロード>世木地域の教科書(発行:世木地域振興会)
<PDFダウンロード>北村の教科書(発行:美山町北区)
<PDFダウンロード>宮島田舎暮らし読本(発行:宮島振興会)
<PDFダウンロード>摩気 暮らしの道しるべ(発行:NPO法人摩気高山の郷振興会)

<こちらからも教科書をダウンロードできます>nancla-なんくら-

<リンク>京都新聞「取材ノートから」

<PDFダウンロード>20170222朝日新聞 東京面「地域ルール予習を」
<PDFダウンロード>20170414京都新聞「田舎暮らしの希望者に読本」

♣調査・分析♣

調査・分析

各市町村のNPO法人全体の収支や中間支援団体の実態の報告書を作成しています。


・各市町村のNPO法人調査

・京都府中間支援組織調査 など

♣南丹市まちづくり基金♣

南丹市まちづくり基金

『なんたんええ活大賞 募集開始』


【募集期間】2018年11月1日~11月30日

【対象】南丹市で実施される下記の分野のまちづくり・社会貢献事業

    分野…①環境問題

       ②子育て支援・教育

       ③地域活性

       ④文化・芸術

【募集団体数】1団体

【応援金額】10万円

【審査】12月上旬 審査会を開き、書類審査を行います。

【発表】審査会後すぐ

【活動報告】不要

【提出書類】申請書、団体の概要がわかるもの、事業の詳細がわかるもの、その他アピールできる書類

直接NPO法人テダスに提出。郵送、FAX、Eメール等で送付してください。

【PDF】申請書類ダウンロード
【Excel】申請書類ダウンロード



南丹市まちづくり基金

『基金への寄付をお待ちしています』


南丹市で活動する市民団体を支援するために「南丹市まちづくり基金」への寄付金を集めています。

■基金への直接の寄付

 南丹市まちづくり基金

 京都信用金庫 園部支店 普通

 講座番号:0744612


■「ガチャガチャリティなんたん」による寄付金集めも行っています。

ガチャガチャ機を設置していただけるお店や施設がありましたら、ご連絡いただけると嬉しいです。

♣派遣講座♣

テダスでは「NPO基礎講座」や会議に役立つ「ファシリテーション講座」、「NPO就職転職ガイダンス」などを出張開催しています。


詳しくは派遣講座メニューをご覧ください。

♣京都丹波つぎの展開プロジェクトチーム♣

京都丹波つぎの展開プロジェクトチーム

つぎぷーとは、京都丹波地域で地域づくりをしている団体を繋ぎ それぞれが「つぎの展開」へ広がる ためのサポートを行ないます。また、南丹パートナーシップセンター と連携し「京都丹波」らしい地域づくりのために中間支援を行う プロジェクトチームです。



<リンク>京都丹波つぎの展開プロジェクト Facebookページ