"ワクワク"を育てよう.

♣過去のイベント情報♣

♣南丹市まちづくりデザインセンター運営♣

南丹市まちづくりデザインセンター運営

南丹市を中心に活動をされているNPOやボランティア団体などを総合的に支援するとともに、地域課題の解決や地域活性化を図るための拠点施設です。

各種相談事業、情報収集・発信事業、各種団体や企業・行政との連携・協働、各種活動の企画・運営、印刷機の利用や各種備品の貸出など、さまざまなサービスを通して、地域の市民生活の向上に貢献していきます。


<リンク>南丹市まちづくりデザインセンターホームページ

♣てだすくちだすメール便♣

てだすくちだすメール便

活動に役立つちょっぴりおせっかいな無料メールサービスです。登録すれば、交付金や社会保険など、それらの情報が必要なちょうどよいタイミングでメールが届きます。

♠助成金情報
♠NPO法人の総会の注意ポイント
♠年末調整のポイント など
(必要な情報をピンポイントで配信しますので配信は月に1回程度です)

「テダスくちだすメール便」の登録はコチラ

♣集落の教科書♣

集落の教科書

良いことも、そうでないことも、ちゃんと伝えたい。移住者のための「地域の教科書」づくりを推進しています。


『京都府 南丹市の教科書』

<PDFダウンロード>世木地域の教科書(発行:世木地域振興会)
<PDFダウンロード>北村の教科書(発行:美山町北区)
<PDFダウンロード> 鶴ヶ岡地域の教科書 第1部 良いとこ自慢編(発行:鶴ヶ岡振興会)
<PDFダウンロード> 鶴ヶ岡地域の教科書 第2部 暮らしのてびき編(発行:鶴ヶ岡振興会)
<PDFダウンロード>宮島田舎暮らし読本(発行:宮島振興会)
<PDFダウンロード>摩気 暮らしの道しるべ(発行:NPO法人摩気高山の郷振興会)

<こちらからも教科書をダウンロードできます>nancla-なんくら-


『京都府 亀岡市の教科書』

<PDFダウンロード>保津町の教科書 一括(発行:保津町自治会)※DL用に解像度を落としています
          保津町の教科書 P01~22 P23~46 P47~64
<PDFダウンロード>東本梅町の教科書(発行:東本梅町自治会)※DL用に解像度を落としています
<PDFダウンロード>薭田野町の教科書(発行:薭田野町自治会)※DL用に解像度を落としています


『京都府外の教科書』

<リンク>宮城県 丸森町 大内地区
<リンク>石川県 七尾市 高階地区

♣派遣講座♣

テダスでは「NPO基礎講座」や会議に役立つ「ファシリテーション講座」、「NPO就職転職ガイダンス」などを出張開催しています。


詳しくは派遣講座メニューをご覧ください。

♣南丹市まちづくり基金♣

南丹市まちづくり基金 かしだす

『基金への寄付をお待ちしています』


南丹市で活動する市民団体を支援するために「南丹市まちづくり基金」への寄付金を集めています。


■基金への直接の寄付

 南丹市まちづくり基金

 京都信用金庫 園部支店 普通

 講座番号:0744612

■ガチャガチャリティなんたん

 市民活動団体のグッズをガチャガチャに入れ、寄付の返礼品にしています。

 ガチャガチャ機を設置していただけるお店や施設がありましたら、ご連絡いただけると嬉しいです。


■土曜だけのだがしや「かしだす」

 毎週土曜日10時~13時に、南丹市まちづくりデザインセンター内でだがしを販売します。

 売上は全て基金に寄付しています。


なんたんええ活動団体大賞

【受付を終了しました】『第2回なんたんええ活動団体大賞 』


南丹市で行われる社会貢献活動を応援するために「南丹市まちづくり基金」を平成26年に設置し、寄付金を集めています。平成30年より、この基金を活用した「なんたんええ活動団体大賞」を創設しました。

今年度も1団体に対し、10万円を贈呈します。

ご希望の団体様は、下記の要項をご覧いただき、ご申請ください。

【募集期間】2019年11月1日~11月30日

【対  象】南丹市で社会貢献活動をする団体

【応援金額】10万円

【審査基準】南丹市の地域社会にとってええ活動をしている団体であるのか。

      同賞を得ることが、団体活動を活発にするきっかけとなるのか。

      (審査会を開き、書類審査を行います)

【結果発表】1月中旬を予定

【申請書類】申請書その他、団体をアピールできる書類

【申 請 先】南丹市まちづくり基金運営事務局(NPO法人テダス)に、メールまたは郵送にてご提出ください。


【PDF】申請書類ダウンロード
【Excel】申請書類ダウンロード

※大賞に選ばれた団体には応援金として10万円を贈呈します。このお金は、事業交付金ではありません。団体の活動目的に沿った内容であれば、どのような使い方をしていただいてもかまいません。また事業報告書の提出も不要です。


『歴代受賞団体 なんたんええ活動団体大賞』


👑第1回ええ活大賞 美山綿復活プロジェクト

👑第2回ええ活大賞 NPO法人そのべる


♣京都プロボノプログラム♣

京都プロボノプログラム事務局

 プロボノとは、ラテン語のpro bono publicoを語源とする言葉で、英訳するとfor public good。「公共善のために」を意味します。 「専門的なスキルや経験等をボランティアとして提供し、社会課題の解決に成果をもたらそう!!」という取り組みで、近年、日本でも急速に広まりつつある新しいボランティアの形です。

 京都プロボノでは、各地にいるプロボノコーディネーターが依頼団体とスキルワーカーをマッチングをします。



<リンク>京都プロボノプログラムホームページ

♣調査・分析♣

調査・分析

各市町村のNPO法人全体の収支や中間支援団体の実態の報告書を作成しています。


・各市町村のNPO法人調査

・京都府中間支援組織調査 など

おせっかいおじちゃん・おばちゃん

『若人のために一肌脱ぎたい“おせっかいさん”を募集』


 ・おせっかいおじちゃん 現在12名
 ・おせっかいおばちゃん 現在25名

" おせっかい" な おじちゃん や おばちゃん が、男女の仲人役として躍動していた時代がありました。 その存在は時代の流れとともに影を潜め、そして結婚したくても一歩を踏み出せない若者たちが増え、助けを求めています。 そこで、おせっかいさんたちが遠りょせず活躍できるよう、「おせっかいさん認定制度」を南丹市少子化対策推進事業の一環で設けました。

してほしいことは1つだけ。

≪おせっかい≫


登録していただいた方には、おせっかいさんの証となるバッジをお渡しします。

「申込書」はコチラからダウンロードできます。


■おせっかいおじちゃん、おばちゃんのイラストは、漫画家ちゅうじょうゆきよしさんの作品です。

♣京都丹波つぎの展開プロジェクトチーム♣

京都丹波つぎの展開プロジェクトチーム

つぎぷーとは、京都丹波地域で地域づくりをしている団体を繋ぎ それぞれが「つぎの展開」へ広がる ためのサポートを行ないます。また、南丹パートナーシップセンター と連携し「京都丹波」らしい地域づくりのために中間支援を行う プロジェクトチームです。



<リンク>京都丹波つぎの展開プロジェクト Facebookページ